早漏とホルモンバランスそして前立腺炎の関係性

早漏は、ホルモンバランスの偏りにより生じ、前立腺炎に繋がってしまうことも珍しくないのにも関わらず、明確に定義されていないという実情があります。
行為が終了するまでの時間が短いことを早漏と呼んでいるものの、あまりにも漠然とし過ぎています。
ただし、一般的には時間と運動、そして行為のコントロールにより、評価されることが多いとされています。
こうした点に、脳内ホルモンバランスが関与することで、いわゆる早漏の状態が生み出されてしまうのです。
ホルモンバランスが乱れることで、早漏に陥ると、排出物が尿道に溜まってしまうことにより、前立腺炎に陥るケースが多いようです。
通常、行為には15分程度かけると言われていますが、早漏の場合2分程なので、確実に排出されることなく、前立腺炎となってしまいます。
運動に関しても、5回から10回程度という、決して多くない回数で終了してしまうケースもあります。
このように、分泌物の排出をコントロールできない状態が、早漏と定義されることが多いです。
曖昧に感じてしまうものの、現時点では最も的確な表現であると言えるでしょう。
そして、日本人は生まれながら持ち合わせている遺伝子的に、早漏に悩まされている方が多いとされています。
ただし、どのような方であっても、必ず防止することができるということを忘れないようにしてください。
とても心理的な面と関わりの深い悩み事なので、少しでも不安材料や悩み事があると、ホルモンバランスが乱れてしまい、早漏を改善させることが難しくなります。
必ず、彼女などと一緒に、解決に向けて動き出すようにしてください。
一人でも解消させることはできるものの、孤独な気持ちは、脳内ホルモンの分泌を妨げます。

ページの先頭へ戻る