早漏に悩む30代後半の男性はゴクアツを使用しよう

20代前半ころはSEXに慣れていないため、興奮して早漏になることは普通にあります。
すぐに射精してしまうことは珍しくなく、異常ではありません。
しかし、30代後半になって早漏が続いているようなら、興奮以外の部分に問題があると考えていいでしょう。
原因として考えられるのは、包茎により亀頭粘膜が敏感になっていることです。
亀頭は成人になるにつれて強化されていきますが、これは亀頭が露出するようになるためです。
子供のころは放置を被っているいわゆる包茎の状態にあります。
年齢を重ねて身体が成長すると、包皮も適度に引っ張られて包茎が治っていくのです。
仮性包茎に関しては、包茎とみなされない場合もあります。
自分で簡単にむける状態なら、洗浄して衛生的に保つことができますし、むいた状態にしておくことで亀頭強化も可能です。
早漏に悩んでいる30代後半男性は、亀頭を露出する習慣をつけておきましょう。
包皮むくことが難しい真性包茎なら、迷わず治療を受けましょう。
そのまま放置しておくことは、パートナーのためにもよくありません。
早漏を招くだけでなく、感染症のリスクも高めてしまいます。
何より女性は臭いに敏感なので、SEXを拒否される原因にもなります。
30代後半男性の早漏対策としては、ゴクアツのゴムを使用する方法も効果的です。
単純にゴクアツタイプを使用すれば、感度が鈍感になるので長持ちします。
ゴムの厚さで感度を調整する方法は、最も簡単にできる早漏解消法でもあります。
オナニーで早漏を防ぐという方法もありますが、オナニーのタイミングが不適切だと肝心なときに立たなくなります。
ペニスは性的興奮の度合いで勃起力が変わってくるのです。
オナニーが原因でSEXのとき立たなければ意味がないのです。
安全・確実に早漏を防ぐには、ゴクアツのゴムの使用をおすすめします。

ページの先頭へ戻る