真面目な30代男性がなりやすい早漏気味な射精

男の30代と言えば、仕事や恋愛、趣味に忙しい時代です。
スケジュール手帳に空白が見つからない超多忙な毎日を過ごす30代男性も少なくありません。
また職場では責任あるリーダー役を任される時期でもあり、部下の指導役を担う社会人の方々も多いはずです。
更に20代の頃であれば良いも悪いも新人扱いが普通でした。
しかし30代ともなれば、即戦力として期待されますので、個人に掛かるプレッシャーは新人時代と雲泥の差になります。
その結果、30代の頃から突然、早漏やED等のコンプレックスを抱く男性たちが出現しました。
ストレスと早漏は因果関係が証明されており、心労続きの夜だと、本来は早漏体質では無い男性もPE気味に射精してしまいます。
PE気味な射精が連日連夜続くようであれば、早漏治療薬を飲んだ方が良いかもしれません。
仕事でストレスを感じている、といっても即座に休職したり退職するのは現実的な選択肢ではありません。
PE気味な射精とは、挿入後すぐにフィニッシュを迎えてしまう状態を指します。
時間に置き換えると、1分から2分以内に精液を膣内に出してしまう男性はPE気味な射精をしている事になります。
勃起不全とPE気味な射精は同時に現れる事がありますが、ストレスが蓄積している場合であれば、早漏だけが表面化します。
30代の男性であれば老化による勃起不全とはまだまだ無縁です。
PE気味な射精が起きた場合は、まず最初に心労由来の早漏を疑いましょう。
PE治療薬を性交前に服用すれば、再び20代の頃のような安定したピストンが可能になります。
治療薬には脳内の無駄な昂ぶりを抑制する薬効があり、射精のタイミングを良い意味で先送り出来ます。
真面目な男性は30代の頃から、仕事関連の心労を懐きやすく、性交の時間までストレスに影響を受けます。それが早漏の原因となり、性生活の妨げとなるのです。

ページの先頭へ戻る