神経質な人は早漏症に、コンドロイチンで関節痛対策を

一般的には悪い性格だと言われる優柔不断や神経質ですが、そういった方々こそ思慮深い行動が取れるため、長期的には高い成果を収められます。
優柔不断な性格の方は、確かに即断即決の能力には欠けますが、A案とB案の二者択一で迷った時に、二者の利点を上手く抽出した折衷案を考案したりするのが得意です。
また即断即決だけが正しい答えを出すとは限りません。
むしろ社会的にはすぐに答えを出さずに結論を見送った方が正解な問題が多々あるのです。
良い性格と悪い性格は常に表裏一体であり、長所と欠点は同時に存在しているわけですので、自分の生まれ持っての気質について、あまり深く考えない方が賢明です。
ただ、神経質な方はストレスを溜め込みやすい気質でもあり、精神面のケアには人一倍、気を配りましょう。
うつ病などを患わなくても、ストレスが強い時期が続けば心因性の早漏症になります。
心因性の早漏症は若者特有のものだと言われていますが、実際は年齢に関わらず、心労が蓄積する事によって発症します。
心因性の早漏症の改善と予防には足腰を活用する軽い散歩やジョギングが最適です。
足腰の血流を改善し、同時に肺機能と使い、なおかつ適度な肉体疲労が心労を取り除いてくれます。
ただ、軽い散歩やジョギングといっても怪我には気をつけましょう。
若い頃と違い、中高年期になれば自然と膝が弱っています。
加齢による関節痛がある方は、運動の開始と同時にコンドロイチンの摂取をしましょう。
コンドロイチンは関節痛からの回復に重宝する栄養成分です。
膝や肘といった酷使される関節部分に良い影響が現れますので、コンドロイチンを含有する食材を意識的に買いましょう。
オクラやウナギ、ナマコ、サメのヒレ、納豆などコンドロイチンを含有する食品は精力の回復にも役立つ物でもありますから、早漏症の予防と関節痛の改善が一石二鳥で済みます。

ページの先頭へ戻る